JリーグPRESSBACK NUMBER

日本産「ペルーの至宝」が柏に帰還。
澤昌克のレールを外れた南米人生。 

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/23 16:30

日本産「ペルーの至宝」が柏に帰還。澤昌克のレールを外れた南米人生。<Number Web> photograph by Getty Images

ペルー、ムニシパル在籍時代の澤。ペルーはロシアW杯最後の1枠に滑り込み、36年ぶりの出場を果たした。

ペルー代表入りの打診を受けたことも。

 澤が言う、“レールを外れたサッカー人生”。それはJリーガーとしては極めて特異なそのキャリアを振り返ると、一目瞭然だ。

 これまで日本人が3人しか出場していないコパ・リベルタドーレスへの出場、クラブワールドカップ、ACL出場に加え、ペルーリーグ最優秀外国人選手賞を受賞、ペルー代表チーム入りの打診を受けたことまである。何より、世界一の選手“輸出地域”である南米大陸で10年以上を過ごした稀有な経験値――。その経歴書だけを切り取ると、日本人であることを疑う仲介人がいても不思議ではない。

 澤は千葉県の古豪・中央学院高校から、仙台大学へスポーツ特待生としていったんは進学した。「大学で4年間やってプロに、というのが僕の人生設計だったんです」というが、その青写真を狂わせたのはアルゼンチンへの留学だった。

アイマール、イグアインらがいた名門へ。

 所属先に選んだのは、南米有数の名門リーベルプレート。少し上の世代にはアイマール、サビオラ、ダレッサンドロ等が在籍しており、下の年代にはマスチェラーノ、イグアイン、ファルカオ、カリーソら、後に欧州の最前線で活躍するスター選手予備軍がいた。

「1年だけ休学して、アルゼンチンサッカーに触れてみたいというのが入り口でした。当時は五軍でプレーしていたんですが、紅白戦すら出してもらえない。明らかにサッカーをする体でない、ぽっちゃり選手でも試合に出ていたのに。

 そんな状況が悔しくて、何とかしたい、と火がつきました。何度も心が折れそうになりましたが、腐らずに練習を続けていたら、偶然見に来ていた上のカテゴリーの監督が声を掛けてくれて、試合にも出してくれるようになって。イグアインのような化物みたいな選手たちがいる環境も凄くワクワクした。そんな生活を続けていたら、1年はあっという間に過ぎていましたね」

 1年後、ユースの総監督からユース契約が提示された。チャンスを活かすべく大学を中退し、アルゼンチンでのプロを目指した澤だが、悲運にも首の骨折という大怪我に見舞われることになる。その後1年以上のリハビリを経て復帰するが、既にリーベルのトップチームへの昇格の道は途絶えていた。

【次ページ】 名将サンパオリからオファーを受けた。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏レイソル
澤昌克
ネルシーニョ
ホルヘ・サンパオリ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ