テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭と伊藤竜馬、同じ我慢の時。
「生き延びていかないといけない」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/03/07 07:00

錦織圭と伊藤竜馬、同じ我慢の時。「生き延びていかないといけない」<Number Web> photograph by AFLO

ロンドン五輪で伊藤(左)は添田(中央)、錦織とともに日本選手団の一員だった。それぞれが今の立ち位置で、もがいて戦っている。

「生き延びていかないといけない」

 勢いのままに60位に駆け上がった伊藤だが、我慢の時間がこのところ長引いてしまっている。我慢しきれなくなってラケットを投げるくらい、大目に見てあげてもいいんじゃないか、壊そうと思って投げてはいないのだし――だれにも言わず、心の中で、そうつぶやいた。

 錦織も、しばらくは我慢の時間が多くなるだろう。復帰は果たしたが、復調への道は平坦ではない。もちろん彼自身、そのことを覚悟しているはずだ。

「生き延びていかないといけない」

 数カ月前に本人の口から聞いたのが、この言葉だ。

 2人とも、我慢強く、そして、できることなら自分との闘いを楽しみながら、復調への道を前に進んでほしい。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
伊藤竜馬

テニスの前後の記事

ページトップ