話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

セレッソの完成形にどう入り込む?
高木俊幸と田中亜土夢の“勝算”。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/02/09 11:30

セレッソの完成形にどう入り込む?高木俊幸と田中亜土夢の“勝算”。<Number Web> photograph by AFLO

田中亜土夢は昨年、ヘルシンキでは優勝に貢献した。CLプレーオフがある中でのセレッソ移籍、決意は固いはずだ。

サイドで張るよりも中で勝負する清武タイプ。

 攻撃面ではどう考えているのだろうか。

 田中はヘルシンキでは主にトップ下でプレーしてきた。セレッソではサイドハーフが主戦場になるが、今のところ違和感はないという。

「実は、ヘルシンキでの最後のシーズンの残り10試合ぐらいはサイドでプレーしていたんです。だからポジションの違和感はないですけど、海外とはやり方が違いますからね。海外では決まり事もなく、自由にやっていたんですけど、セレッソではサイドハーフはあまり中に入らず、まず起点を作ることが求められる。でも、僕は中に入るプレーが好きなので、そこはうまくバランスを取りながらやっていければと思っています」

 サイドで張って待つよりも中に入って勝負していくのは、清武と似たスタイルでもある。

「キヨ君はいい選手だし、他にもいい選手がたくさんいるから、そういうチームでやれているのはすごく刺激になります。僕は日本では新潟しか知らないんで。あとはチャンスが来た時にしっかりと結果を出せるか、チームのためにどれだけできるか、ですね」

「僕は総合力で必要とされている」

 練習試合ではサブ組中心のチームで左のサイドハーフとして出場、後半途中で交代したが攻守に落ち着いてプレーしていた。経験があるので劣勢になった時には頼りになるだろうし、チームを引っ張ってくれるに違いない。得点とともにそうした部分でも田中は期待されている。

「プレーでチームを引っ張って行ければと思いますね。あと、僕はサイドハーフなのでゴールに絡むプレーが必要ですし、得点は二桁いけたらと考えています。点を決めれば守備もいい感じでできるし、その守備も求められていますからね。僕は総合力というところで必要とされている。守備も攻撃もできて、ハードワークすること。セレッソは、そういうサッカーなので僕にはすごく合っている。やれる自信はあります」

 欧州で3年間戦ってきた成果か、体が厚く、デュエルも強い。監督好みの戦える選手だ。ACLやここ一番での試合では、自分の良さを発揮し、セレッソの勝利、タイトル獲得に多大な貢献をしてくれるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

セレッソ大阪
田中亜土夢
高木俊幸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ