オリンピックPRESSBACK NUMBER

伊藤美誠は平野、石川になぜ勝てた?
過激な戦術変更で日本卓球界が飛躍!

posted2018/01/23 17:00

 
伊藤美誠は平野、石川になぜ勝てた?過激な戦術変更で日本卓球界が飛躍!<Number Web> photograph by Itaru Chiba

まだ24歳の石川がベテランに見えてしまう日本の女子卓球界。世界的に見ても異様ともいえる急成長ぶりである。

text by

川嶋弘文(Rallys編集部)

川嶋弘文(Rallys編集部)Hirofumi Kawashima

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 1月21日、卓球日本一を決める全日本卓球選手権で14歳の張本智和と17歳の伊藤美誠が優勝。東京五輪の卓球競技会場に決定している東京体育館での熱戦とあって、会場にいた誰もが若い世代の着実な成長を目の当たりにし、2年後の東京五輪でのメダルへの期待に胸を膨らませた。

躍進する2000年生まれ世代。

 今年の全日本の女子種目はシングルスもダブルスも決勝のカードがいずれも2000年生まれの選手となり、世代交代が一気に進む形となった。

 女子シングルス決勝ではリオ五輪で女子団体メンバーとして銅メダルを獲得した伊藤美誠と、昨年中国人選手を3連破してアジアチャンピオンとなった平野美宇が対戦。伊藤と平野はともに2000年生まれの17歳。

 2016年大会の準決勝でも対戦しており、この時は4-0で平野が勝った。

 しかしながら今年は、大会を通じて好調を維持する伊藤が手のつけられないような当たりを見せ、速攻プレーで平野を圧倒。4-1で優勝を決め、女子ダブルス、混合ダブルスとの三冠を決めた。

 伊藤は「全日本の借りは全日本でしか返せない。この舞台で倒したかった」とライバル心を剥き出しにする一方で「こんなに大きな舞台の決勝で(同世代の平野と)戦えて幸せ。将来の自分たちが楽しみ」「福原選手、石川選手のおかげで今の自分たちがあるし、卓球が盛り上がっている。自分たちも繋いで行きたい」と2000年生まれ世代が日本の卓球の中心に来ている実感と自覚を口にした。

【次ページ】 ダブルスでは決勝の4人全員が2000年生まれ!

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤美誠
平野美宇
石川佳純
張本智和
早田ひな
塩見真希
梅村優香
長崎美柚
木原美悠
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ