F1ピットストップBACK NUMBER

F1の魅力は究極の駆けっこなのに。
PU新ルールに各方面から不評の声。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/01/14 07:00

F1の魅力は究極の駆けっこなのに。PU新ルールに各方面から不評の声。<Number Web> photograph by Getty Images

2017年のマクラーレン・ホンダは、名手アロンソにして、完走扱いを含めれば10回リタイアという信頼性の低さだった。

「予算削減を狙っていても、じつは全くの逆効果」

 昨年までホンダでF1プロジェクトの総責任者を務めていた長谷川祐介も、技術競争でライバルに後れをとっている状況に忸怩たる思いを持ちながらも、新しいルールがファンが望むものかどうかは別の話とした上で、今回の導入目的であるコスト削減にもつながらないと疑問を呈していた。

「エンジンを3基にすることは、コスト削減にはつながりません。3基で年間21戦を戦うには、信頼・耐久性をさらに向上させる必要があり、それには多くの予算を使わなければならないからです。FIAはエンジンを3基にすることで予算削減を狙っているのかもしれませんが、じつは全くの逆効果です」

 自動車メーカーがF1に参戦する理由は、そこが技術開発の場であるからだ。そして、エンジンがなければ、レースが成立しない。そこでFIAはルールを自動車メーカーが参入しやすく変更した。だが、ファンは離れていった。

 F1に限らず、モノづくりに関わる技術というものは、あくまでも、それを使ったり、見て楽しむ人々が喜ぶための手段である。その手段であったはずの技術が、いまのF1では一人歩きしてしまっている。それを止めるのは誰だろうか?

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

パワーユニット
ルイス・ハミルトン
長谷川祐介

F1の前後のコラム

ページトップ