サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

中村航輔と川又堅碁……その次は?
E-1のラストチャンスを掴む方法。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/12/11 11:50

中村航輔と川又堅碁……その次は?E-1のラストチャンスを掴む方法。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

代表の新守護神に名乗りを上げる活躍となったGK中村。ファインセーブも含め、完封で抑えた能力は本物だ。

中村航輔がW杯参加の3人のGKに食い込んだ。

 アピールをした選手が、いなかったわけではない。前半から好セーブを連発したGK中村航輔は、既存の序列に影響を及ぼすパフォーマンスを披露した。

 W杯に参加する3人のGKのひとりに、この22歳が接近したのは間違いない。

 決勝点に絡んだ川又も好印象だ。

 4-3-3でも4-2-3-1でも、最前線中央の人選は大迫勇也が軸となる。2番手は岡崎慎司と杉本健勇の争いだが、ゴール前にパワーをもたらすFWとして川又の可能性も探っていきたい。20分強の出場で決定的なヘディングシュートを浴びせ、決勝弾にもからんだ28歳は、攻撃のジョーカーに成り得るかもしれない。

「あと2試合ある」か「もう2試合しかない」か?

 国内組がW杯へのアピールに成功した例として、4年前の2013年大会がしばしばクローズアップされる。

 初優勝を飾ったチームから森重真人、青山敏弘、山口蛍、柿谷曜一朗、大迫勇也、齋藤学の6人が翌年のブラジルW杯のメンバーに選ばれたのだから、韓国での3試合はチームの強化に大きな意味を持つこととなった。

 しかしこのチームも、中国との初戦は3-3のドローだった。60分まで3-1とリードしながら追いつかれたゲームの終了時点では、詰めの甘さばかりが目についた。この時点でW杯のメンバー入りに手ごたえをつかんだ選手は、ひとりもいなかったと言っていい。

 ハリルホジッチ監督のもとで最終テストを受けている選手たちは、12日に中国と、16日に韓国と対戦する。

 トレーニングはさらに重ねられ、対戦相手の情報の確度は上がっていく。チームとしても個人としても、パフォーマンスを向上させることは可能だ。

 逆説的にいえば、目に見える変化を生み出さないとW杯への挑戦は終わりを告げる。

 「あと2試合ある」のは事実だが、「もう2試合しかない」とも言えるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴァイッド・ハリルホジッチ
川又堅碁
今野泰幸
井手口陽介
中村航輔
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ