詳説日本野球研究BACK NUMBER

ドラフトが象徴、球界勢力図の激変。
大物狙うパと冒険しないセに格差が。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/11/24 07:00

ドラフトが象徴、球界勢力図の激変。大物狙うパと冒険しないセに格差が。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

将来のスター候補を獲得できればメディアも大きく取り上げる。パ各球団の積極的な姿勢は、そこも踏まえているのかもしれない。

両リーグのドラ1、ドラ2のベストナインを作ると。

 希望枠(逆指名、自由枠)がなくなり、高校生と大学&社会人を分離して実施したドラフトを1回でまとめた'08年以降、1、2位の上位指名にどんな選手がいたのか。ベストナイン方式で見ていこう(ポジションはコンバート可、投手は10人)。

<セ・リーグ> 

捕手:小林誠司(巨人)
一塁:大山悠輔(阪神)
二塁:菊池涼介(広島)
三塁:山田哲人(ヤクルト)
遊撃:京田陽太(中日)
外野:筒香嘉智(DeNA)、鈴木誠也(広島)、長野久義(巨人)
投手:菅野智之(巨人)、今永昇太、濱口遥大、山崎康晃(以上DeNA)、薮田和樹、岡田明丈、野村祐輔、大瀬良大地(以上広島)、藤浪晋太郎(阪神)、小川泰弘(ヤクルト)

<パ・リーグ> 

捕手:大野奨太(日本ハム)
一塁:山川穂高(西武)
二塁:石井一成(日本ハム)
三塁:中村奨吾(ロッテ)
遊撃:今宮健太(ソフトバンク)
外野:西川遥輝(日本ハム)、柳田悠岐(ソフトバンク)、吉田正尚(オリックス)
DH:大谷翔平(日本ハム)
投手:菊池雄星、牧田和久(以上西武)、則本昂大、松井裕樹(以上楽天)、東浜巨、武田翔太、森唯斗(以上ソフトバンク)、大谷、有原航平(以上日本ハム)、石川歩(ロッテ)

 野手はセ・リーグに山田、筒香、鈴木という堂々たる主軸がいる一方、投手の顔ぶれを見るとパのスケールのほうが大きく見える。3球団以上の1位入札があったのは菊池、東浜、松井、有原のパに対して、セは藤浪、大瀬良の2人だけ。この差がパの優位性を感じさせる大きな要因なのかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清原和博
江川卓
松井秀喜
原辰徳
田中将大
松井裕樹
中田翔
福留孝介
松坂大輔
清宮幸太郎
菊池雄星
大谷翔平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ