野球善哉BACK NUMBER

菊池雄星、大阪桐蔭、日本ハム……。
成長し続けるには「日誌」が有効? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/09/24 11:30

菊池雄星、大阪桐蔭、日本ハム……。成長し続けるには「日誌」が有効?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロに入ってからも成長が止まらないのが、大阪桐蔭出身選手の特徴。その理由の1つに日誌があるのかもしれない。

自分を救うのは自分しかいないのである。

 本村がこんな話をしていたことがある。

「目標設定とは動機づけなんです。『頑張れ』と人は言いますが、では何を頑張るのか。そこを『目標設定』というかたちにする。日々、コーチに言われたことを実践していけば、目標への筋道が明確になっていく。それを(目標設定や日誌で)文字にすることが大事だと思う」

 プロ野球中継の日本ハム戦を見ていても、時折ベンチでノートを手に取る選手が確認できるはずだ。プロは能力や感性に任せてプレーしているように思われがちだが、彼らは最高レベルのパフォーマンスとその再現性を求め、日々格闘しているのである。

 西武の菊池が今季最大のヤマ場となった局面で頼ったのは、自分が記してきた日誌だったというのはいかにも彼らしい。積み重ねを大事にすることで、人生の財産となることを知っているのだろう。

 結局、自分を救うのは自分しかいないのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
菊池雄星
西谷浩一
大阪桐蔭高校
埼玉西武ライオンズ
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ