濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

新世代の勢いが止まらないRIZIN。
“神童”那須川天心がまたも魅了。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2017/08/04 07:30

新世代の勢いが止まらないRIZIN。“神童”那須川天心がまたも魅了。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

豪快なKO劇となった那須川vs.才賀の試合。観ている者をいつもワクワクさせてくれるそのスター性は、本物だ。

「昔の選手がずっとトップにいたら面白くないでしょ」

 試合前に「北岡選手のことはリスペクトしてるけど、もう年寄り(笑)。昔の選手がずっとトップにいたら面白くないでしょ。俺みたいに若くてイケてる選手が盛り上げないと」と言った矢地は、これでRIZIN3連勝にしてオールKO。

 明るいキャラクターはいかにも“メジャー向き”だ。後楽園ホールやディファ有明で見てきた彼の姿より、何倍も輝きを感じる。

 矢地自身、RIZINは「水が合う」そうだ。記者会見や公開練習も含め、注目されることが嬉しくてたまらないらしい。変な褒め方かもしれないが、今の矢地はいい意味で“調子に乗っている”。注目されるのが嬉しくて、調子に乗って勝ったらまた注目されて、どんどん勢いが出る。やることなすことうまくいく。見ているほうまで楽しくなる人生そのものの“夏”だ。

 そして、である。この日もまた18歳の那須川天心が会場の観客と中継の視聴者を虜にした。

 キックボクシングで無敗の“神童”は昨年末にMMAデビュー。今回は才賀紀左衛門とミックスルール(1Rキックルール、2RがMMAルール)での対戦だ。

 物議を醸すルール設定だったが、試合自体は明快そのもの。

 那須川は才賀が攻撃しようと足を上げ、ややガードを崩したその一瞬にワンツーを叩き込んで試合を終わらせた。舞台はRIZINだが、1Rのキックルールで試合終了。それでも誰も文句は言わない。相手が大の字にぶっ倒れるような凄まじい倒しっぷりに文句などあるものか。

那須川の大人びた試合ぶりと若者らしい野望。

 インタビュースペースでの那須川は「テレビ向きのKOができました」と試合を振り返った。フィニッシュは「昔からやっているパターン。ヒザ蹴りを出してくる相手は得意なんですよ」。これでキック・MMA(厳密に言うとヒジ打ちあり/なし、MMA、ミックスルール)合わせて7連続KO・一本勝利となった那須川の凄さの1つは、フィニッシュ技の選択、そこに至る展開、伏線をしっかり言葉で説明できることだ。ムエタイ王者を倒した時も、元ボクシング世界王者をパンチでKOした試合でも、キック世界王座の防衛戦でもそうだった。

【次ページ】 RIZINでMMAとキックの両方を盛り上げていきたい。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

那須川天心
山本美憂
キャシー・ロブ
川尻達也
堀口恭司
所英男
矢地祐介
北岡悟
才賀紀左衛門

格闘技の前後のコラム

ページトップ