SCORE CARDBACK NUMBER

美貌・強さ・話題性を備えた、期待のニューヒロインが登場。~野沢直子の娘、という肩書きは終わりにしよう~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2017/08/18 07:00

美貌・強さ・話題性を備えた、期待のニューヒロインが登場。~野沢直子の娘、という肩書きは終わりにしよう~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

打撃からの締め技が決まり1R1分50秒で勝利。試合後はトロフィーを手にリングサイドの母の元に駆け寄った。

 ミルコ・クロコップやヴァンダレイ・シウバなど大物外国人は誰ひとり参加していなかった。格闘技を知らない市井の人々を即座に振り向かせるキラーカードがあったとも言い難い。それでも、7月30日さいたまスーパーアリーナで行なわれたRIZINは心地よい熱を帯びたイベントだった。会場に足を運んだ者ならば、興隆期のPRIDEに似た空気を感じたのではないだろうか。

 そうなった最大の理由は全11試合中7試合が完全決着だったということに尽きる。互いの気持ちがぶつかり合う激しい試合が多かったのだ。それと相まって那須川天心、KINGレイナなど新しいスター候補の輪郭が世の中に知れてきたことも大きい。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

真珠・野沢オークライヤー
野沢直子

格闘技の前後のコラム

ページトップ