SCORE CARDBACK NUMBER

元格闘家たちによる新たな社会貢献活動がスタート。~RIZINを巻き込んで始まった障がいを持つ子供のためのプロジェクト~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2017/07/23 17:00

元格闘家たちによる新たな社会貢献活動がスタート。~RIZINを巻き込んで始まった障がいを持つ子供のためのプロジェクト~<Number Web> photograph by Koji Fuse

イベントは4月2日の世界自閉症啓発デーに開催。来年の同日にも、趣向をこらしたイベントを企画している。

 最近格闘家が三面記事を賑わしている。嘆かわしい限りだが、事件を起こしているのはほんの一握り。大半は素人に手を出す真似などしない。逆に「格闘技を通してどこまで社会貢献ができるのか」と動き始めたグループもある。マラソンを通じて発達障がいについて啓蒙するRun4uから派生したFight4uがそれだ。発起人は柔術家の平野厚雄さん。息子が発達障がいを持って生まれてきたが、その実態がほとんど知られていないことに気づき組織を立ち上げた。

 今年4月2日には発達障がい児を招いての柔術講習会を計画。日本総合格闘技OBクラブを主宰し、この運動を団体に引き入れることで支援する小路晃さんに計画を相談すると、その後の方向性を左右する意見が出た。「だったらRIZINも巻き込んでしまえば?」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

把瑠都
村田夏南子
小路晃

格闘技の前後のコラム

ページトップ