“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

プロ注目の高校サッカーの逸材達。
プロ入りと大学進学で揺れる心も……。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/07/29 09:00

プロ注目の高校サッカーの逸材達。プロ入りと大学進学で揺れる心も……。<Number Web> photograph by Takahito Ando

東福岡の阿部海太はどのJクラブも欲しがるCBの逸材。今大会は昨年負けた昌平へのリベンジも狙う。

「まだ僕は『北信越だけの選手』と思われている」

 ヘッド、ワンタッチシュート、そしてドリブルシュートとゴールアプローチが多彩で、左右両足から強烈かつ正確なシュートでゴールを射抜くことが出来る。

 昨年からチームの主軸ではあったが「上級生に遠慮をしてしまっている自分がいたし、裏に抜ける動きや、ゴールに向かって行く動きが足りなかった。3年生になって自分がチームを引っ張っていかないといけなくなり、とにかく点を獲らないといけないと思うようになって、自然と身体がゴールへと向くようになった」と、最高学年になってようやくゴール量産体勢に入った逸材だ。

 まだ具体的にはJクラブから声は掛かっていないという。

「プロに行きたいと思っています。まだ僕は『北信越だけの選手』と思われているかもしれない。だからこそ、インターハイで全国の強豪を相手に変わらぬ活躍をすることで、もしかすると目に留めてくれるかもしれない。何が何でも結果で示したい」

 プロ入り確定の選手から、まだ将来を決めかねている選手まで……インターハイを彩るであろう、主役候補達が抱く十人十色の想い。彼らの覚悟とモチベーションは、きっちりとプレーに反映されるのか。それとも不本意な結果に終わってしまうのか。

 たとえサッカー選手としての明暗が分かれてしまったとしても、この大会を通して、今後の人生の糧となる財産だけは、きっちりとその手に掴みとって欲しい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
渡邊泰基
杉山弾斗
新井光
本田功輝
中村駿太
郷家友太
松田陸
福田湧矢
阿部海大
高橋大悟
坪井清志郎
角田涼太朗
安藤瑞季

高校サッカーの前後の記事

ページトップ