Jをめぐる冒険BACK NUMBER

柿谷曜一朗って実は面倒見の男?
“大人”になってC大阪の安定剤に。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/07/28 07:00

柿谷曜一朗って実は面倒見の男?“大人”になってC大阪の安定剤に。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

早熟の天才として騒がれた柿谷も27歳となった。紆余曲折のサッカー人生だからこそチームに伝えられるものがある。

心の拠り所は「奥さん、アキさん、シャケさん」。

 もちろん、それでも悩むし、何が正しいのか迷うときもある。だが、今の柿谷には信頼して相談できる人たちが身近にいる。

「奥さん、アキさん(西澤明訓)、シャケさん(酒本憲幸)。この3人から『それは間違っている』って言われたら、素直に聞き入れられる。自分を抑えるのは簡単じゃないけど、抑えられなくて和を乱した経験もあるし、信頼している人たちに支えてもらっているから、難しい状況でも冷静にやれているのかなって。それに、ありがたいことに今は言葉にしたり、行動に移す立場を任せてもらえている。言葉や行動を含め、クラブを中から変えていこうとするとストレスもたまるけど、やりがいもある。プレーで引っ張るのが大前提やけど、それだけじゃあかんっていうことも経験してますからね」

 4-2で快勝した7月22日の浦和戦。いつものように左サイドハーフで出場した柿谷は、クロスで杉本健勇のゴールをアシストし、カウンターのチャンスではサイドから斜めに絶妙なスルーパスを通し、決定機を演出した。

 だが、おそらく柿谷は、自身のプレーにまったく満足していないだろう。杉本が7本のシュートを放って2ゴールを奪い、今季のゴール数を2桁の大台に乗せたのに対し、柿谷は0本に終わった。

 それでも、自陣に何度も戻って浦和のサイド攻撃を防ぎ、ラファエル・シルバと丸橋が揉めたときにはすぐに駆け寄り、丸橋をなだめる様子を見て、確信せずにはいられなかった。

 C大阪の快進撃をピッチ内外で支えているのは、間違いなくこのキャプテンだ、と。

関連記事

BACK 1 2 3 4
セレッソ大阪
柿谷曜一朗
ユン・ジョンファン

Jリーグの前後の記事

ページトップ