野球のぼせもんBACK NUMBER

ソフトバンクからまたも育成の星が。
曽根海成、今宮健太を「抜く」宣言。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/19 16:30

ソフトバンクからまたも育成の星が。曽根海成、今宮健太を「抜く」宣言。<Number Web> photograph by Kyodo News

強肩を生かした好守と俊足が武器。昨季は、二軍で82試合に出場し、231打席に立って打率.244をマークした。

今宮さんを「抜く」と宣言した気概。

 工藤公康監督は、曽根について次のように評した。

「ショートを守らせると、身のこなしが今宮に似ているね」

 曽根に将来像を訊ねると、力強くこのように返してきた。

「自分の目標は今宮さんを抜くこと。負けないくらいの守備でアピールしたい。肩とスローイングの精度で特に勝負したいです」

 今宮さんのように……と言わない気概がじつに頼もしい。目指すのは「第2の今宮」ではないのだ。

 支配下登録を勝ち取ったものの、一軍デビューはまだ果たせていない。不甲斐なさに焦りもあった前半戦。だが、その中で掴んだフレッシュオールスターMVPの勲章が、またひとつ自信を取り戻すきっかけになったはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
曽根海成
今宮健太
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ