パラリンピックへの道BACK NUMBER

リオ五輪候補や、今井メロの弟が。
パラ陸上で再び夢を追いかけて。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/06/23 07:30

リオ五輪候補や、今井メロの弟が。パラ陸上で再び夢を追いかけて。<Number Web> photograph by Kyodo News

競技は違えど、陸上のトラックで躍動できる……その思いが中尾にとっての最大のモチベーションなのだろう。

「僕はヒーローになりたいんです」(成田緑夢)

 先に取り上げた中尾は、車いす陸上を始めてからの経験自体はまだ浅い。この日も操作に苦労し、「直線でまっすぐ走らせることができませんでした」と語る。それでも表情は明るい。

「車いす陸上で、日本代表を目指したいです」

 三段跳びではかなえることができなかった、大きな目標を見据えているからこそだ。

 以前「僕はヒーローになりたいんです」と言葉にしていた成田は夏と冬、それぞれでのパラリンピック出場を目標に掲げて取り組んでいる。

 一度は断たれても、再び追いかける夢があるから、その表情は気力と充実に満ちている。

 そしてそれは、2人だけではないことが、大会での選手たちの表情が物語っていた。

関連記事

BACK 1 2 3
中尾有沙
成田緑夢
成田童夢
今井メロ
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ