話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

サンフレッチェが苦しむ「0-1」。
実は難しい、点取り屋不在の解決。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph bySANFRECCE

posted2017/06/23 07:00

サンフレッチェが苦しむ「0-1」。実は難しい、点取り屋不在の解決。<Number Web> photograph by SANFRECCE

第15節終了時点のチーム内得点王は工藤とロペス(3得点)である。ここにパトリックが加わる可能性が高まっているが、果たして……。

「大宮戦、絶対に勝って、はい上がっていきたい」

 これまで広島は、全員で戦うという気持ちでやってきた。だからこそ毎年主力を抜かれても新たな選手が出てきて活躍し、チーム力を落とすことなく戦ってこられた。鉄の団結力は今も健在だが、勝てなければ個々の自信や気持ちは揺らいでしまうのは致し方ない。

 それだけに次の大宮アルディージャ戦は非常に重要な試合になる。

 残留を争う相手に負けると勝ち点差を広げられ、それは後半戦に響いてくる。しかも新潟の結果次第では最下位に転落する可能性もある。

 一方で勝利すれば、浮上のキッカケになるかもしれない。そうなると選手の心理面に与える影響が非常に大きい。

「大宮に抜かれたけど、次の直接対決で勝てばまた追い抜くことができる。鹿島戦では全然ボールを握れなくて3失点して敗れたけど、川崎戦では全体的にボールを奪えていたし、攻撃もできていた。大宮戦ではボールを奪った後、1本、2本としっかりパスをつないでしっかりとシュートまで持っていきたい。次はホームですし、まだ今シーズンは一度もホームで勝てていない。絶対に勝って、1歩ずつはい上がっていきたい」

 果たして、広島は踏張れるか――。

関連記事

BACK 1 2 3 4
サンフレッチェ広島
水本裕貴
工藤壮人
アンデルソン・ロペス

Jリーグの前後の記事

ページトップ