JリーグPRESSBACK NUMBER

矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。
「秋まで我慢っていう流れには……」 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/05/03 11:30

矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。「秋まで我慢っていう流れには……」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ボランチでの出場を希望している矢島慎也が、そこには阿部勇樹と柏木陽介という浦和の中心が君臨している。果たして。

岡山と五輪で得た自信とともに浦和へ帰ってきた。

 矢島は昨季までの2シーズン、ファジアーノ岡山で絶対的なレギュラーとして戦い、昇格プレーオフも経験した。昨年にはリオデジャネイロ五輪のアジア最終予選から本大会までをチームの主力として戦った。その経験が自分の力になったと、本人は思っていた。だからこそ、一度は離れた浦和へ3年ぶりに戻ってきた。

 それでも、今シーズン矢島が得られたプレー時間はわずかに5分間だけだ。しかも2月21日のAFCチャンピオンズリーグ開幕戦、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で、3-0と試合の行方が決まってから。その5分間で1アシストを記録したが、それ以降は出場機会がない。矢島は、その苦しい胸の内をこう話す。

「3年前みたいに試合に出られてない状況でずっとこうだったら、大丈夫というか。だって試合に出ている感覚がなかったから。でも、去年と一昨年はずっと試合に出てきて、今こうなっているのはきついっすよ」

控えの選手は、減点法で採点されている?

 当時は、試合に出るのが当たり前、という生活の経験がなかった。悪い意味で「出られないが当たり前」になっていた部分もあるのだろう。しかし今は、岡山や五輪代表でチームの中心として信頼される立場でプレーする経験を積んだからこそ、現在の立場の厳しさを敏感に感じてしまう。

 岡山に期限付き移籍する前に、矢島の口からポジティブな言葉を聞いた記憶はあまりない。「練習で、悪いところばかり見られている気がする」と落ち込んでいた姿が、今でも強く記憶に残っている。選手ごとに最初の点数を持っていて、そこから減点法で採点されているイメージがあるのだ、と。

 だが、その感覚は今でも変わらないと話す。そして、「最初の持ち点は、もともとの信頼度によって違うじゃないですか」と、話した。

「試合に出ていない立場の選手は、1つのいいプレーより3つのミスに焦点があてられる感じがしますよね。だからミスしちゃダメだし、印象が悪く残りやすい気がします。(監督の)コメントでもありましたもんね。『年間勝ち点1位を取った信頼している選手がいる』って。だから難しい立場は変わらないですよ。でも、それはここでの話だけじゃなくて、どのチームでも同じじゃないかなと」

【次ページ】 ガンバではなく、レッズを選んだ理由。

BACK 1 2 3 4 NEXT
浦和レッズ
矢島慎也

Jリーグの前後のコラム

ページトップ