JリーグPRESSBACK NUMBER

矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。
「秋まで我慢っていう流れには……」 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/05/03 11:30

矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。「秋まで我慢っていう流れには……」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ボランチでの出場を希望している矢島慎也が、そこには阿部勇樹と柏木陽介という浦和の中心が君臨している。果たして。

ガンバではなく、レッズを選んだ理由。

 一気に話した矢島だったが、「でもね」と言葉を区切るとこう続けた。

「多分、そういうコメントが出たとしても、プレーが本当に良ければ使われるはずなんで。そう思わせられなかったのは自分の実力不足というか。監督がどう、他の選手がどうではなくて、『こいつを使ってみたい』と思わせられなかった自分がダメなんだろうって」

 矢島には、昨季終了後にいくつかの選択肢があった。浦和への復帰もその1つだったが、ガンバ大阪からの獲得オファーも届いていた。選手の移籍関係はデリケートな話題だが、矢島は「もうニュースにもなってるから、いいですよ」と話し、「超、迷いましたよ。最初は行くつもりになった」と、一度はそのオファーを受ける決意に傾いていたと明かした。

 しかしその上で、浦和へ戻ることを決めた理由をこう話した。

「(ガンバに)行ったとして試合に出られたか分からないですけど、心のどこかで『浦和だったらどうだったのかな』って思ったはずなんですよ。そうは思いたくなかったので。それに、ガンバと浦和って毎年上位で争うチームで、そこに行って浦和に帰って来られるかと言ったら、『うーん』ってなるじゃないですか。それは勝手な俺の考えですけどね。

 だったら、結果がどうであれ浦和でやってみたいって。去年が自分にとって濃い1年間で、成長できたと思う。自分が自分に厳しくしたいタイプだから、成長できたと思うのは珍しいんですよ。それでも去年の色々な経験でそう思えたので、ここでやりたいっていう気持ちがありましたね」

浦和で生まれ育ち、浦和のユースに入った。

 中学から下部組織で育ち、浦和への愛着は間違いなくある。現在トップチームで指導する堀孝史コーチ、天野コーチは、当時からの付き合いだ。何よりクラブと関係なしにしても、彼は浦和で生まれ育っている。子供のころからの友達も多ければ、土地勘もある。実家に顔を出すことも簡単だ。そうした環境は、彼にとって特別なものだ。

 できれば、そのクラブで中心になりキャリアの良い時期を過ごしたい。そうした思いも、少なからず浦和復帰への背中を押した。

【次ページ】 出場機会が少ないのは、練習時間を増やすチャンス。

BACK 1 2 3 4 NEXT
浦和レッズ
矢島慎也

Jリーグの前後のコラム

ページトップ