プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「次も行くぞ!」「勘弁してください」
WBCで化けた千賀滉大の精神力。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/13 17:30

「次も行くぞ!」「勘弁してください」WBCで化けた千賀滉大の精神力。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季初勝利の直後、工藤監督と握手をかわした千賀。WBCが投手としての千賀を一回り大きく成長させたのは間違いない。

“泣き”が入っても、きっちり無失点に抑えた千賀。

 本人から“泣き”が入ったこの場面も、なだめすかして「お前しかいないんだ。打たれたらすぐに代えてやるから」と6回のマウンドに送り出した。

 結果は二塁打1本は打たれたものの、無失点だった。

 この投球内容を見て、権藤コーチは3日後の2次ラウンド最終戦となるイスラエル戦での先発も決めたという。

「先発を伝えた時、『嫌です!』って言っていましたけどもね」

 イスラエル戦では5回を投げて63球、1安打無失点。米国での決勝ラウンド進出がかかる猛烈なプレッシャーの中で見事な投球だったが、最後は左ふくらはぎをつって自ら降板を申し出た。

自らの心と徹底的に向き合う……それが千賀のWBC。

 こうした登板の1つ1つが、今までにない経験として千賀の心に塗り込められていった。

 準決勝の米国戦では2番手で1失点したが、マウンドに上がった7回には3者連続三振を奪う鮮烈な投球を見せた。

「あんなフォークは見たことがない」

 8回2死三塁で空振り三振に倒れたマーリンズのクリスチャン・イエリッチが驚嘆のコメントを残したように、千賀の持つポテンシャルは間違いなくメジャー級であることを証明する戦いだったのである。

「自分はこんな集中できるんだ。これが集中力なのかと思いました」

 準決勝を終えた千賀の言葉だった。

 心の優しさ、心の不安定さ、心の弱さ――マウンドに上がるたびに、向き合ってきた最大の敵と戦う手がかりを得た。

 それが千賀のWBCだったのである。

【次ページ】 工藤監督「この前とは違う集中力があった」

BACK 1 2 3 4 NEXT
千賀滉大
福岡ソフトバンクホークス
権藤博
則本昂大
工藤公康

プロ野球の前後の記事

ページトップ