松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹、苦しかったマスターズ。
最終日のベストスコア67でも……。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/04/10 14:50

松山英樹、苦しかったマスターズ。最終日のベストスコア67でも……。<Number Web> photograph by AFLO

松山英樹にとってのマスターズは、パットに苦しめられ続けた4日間だった。それでも来年の出場権を確定する11位に入り、力の片鱗は示した。

不意に萎んだ実力のつぼみ。

 だが、苦しい4日間を終えた今の松山は、そういう心境ではないと言う。

「(クラブは)試合があれば、握ります」

 聞けば、今年のオーガスタに来る前も、すでにそういう心境だったと彼は言った。湧き出るはずのものが湧いていない松山には、不意に萎んだ実力のつぼみを、無理にでも咲かせることはできなかった。

 気持ちの持ちようの問題も、もしかしたらあるのかもしれない。メンタル面が技術面を、あるいは別の何かが技術面を、押し上げていくことも、あるのかもしれない。

 その「何か」を見つけることが、松山のこれからの課題になる。

「自分で自分にチャンスを与えるしかない」

 昨秋にこの世を去ったアーノルド・パーマーの言葉。今年の始球式で椅子に掛けられたパーマーのグリーンジャケットを思い出しながら、松山英樹の答え探しの旅の幸運を願うサンデーイブニングになった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ