マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

“打高投低”センバツの2年生3人。
大阪桐蔭、履正社の隠れた超高校級。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/14 11:00

“打高投低”センバツの2年生3人。大阪桐蔭、履正社の隠れた超高校級。<Number Web> photograph by Kyodo News

参加校数が少ないセンバツは、夏以上に早い段階から大物同士の対戦が起こりやすい。1試合で去る学校も多いので、見逃せない。

“メジャーの卵”たる超大型二塁手。

 センター方向へ長打、快打を発揮した近畿大会。一塁を蹴って、二塁、三塁に向かっていくランニングフォームにバタバタ感がない。

 トップスピードでも動きに乱れの出ないボディーバランスは、フィールディング面での将来性でもあろう。

 このサイズの二塁手が、もしそつなく仕事をこなしてみせたら、それは“メジャー”の卵である。この時期、2つ、3つのエラーは副産物。一二塁間の打球を長いリーチを目いっぱい伸ばし、捕球の瞬間まで目がボールを追える球際の強さ。超大型なのに、動くことに横着な面はまったく見られない。むしろ、積極的に“二塁手”になりきろうとしている。

 応援したくなる選手。

 たまには痛い目にも遭いながら、それでも辛抱強く、このまま二塁手で頑張ってほしい。必ず、今までの日本の野球にいなかった「超大型二塁手」になれるはずだ。

 頑張れ、松原任耶。

 頑張るとは続けること。頑張るとは、一途に努力を続けることだ。

関連記事

BACK 1 2 3
根尾昂
藤原恭大
安田尚憲
松原任耶
若林将平

高校野球の前後の記事

ページトップ