Number ExBACK NUMBER

カズは日本サッカーの何を変えた?
盟友が語るヴェルディ黄金時代。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/02/28 14:30

カズは日本サッカーの何を変えた?盟友が語るヴェルディ黄金時代。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

Jリーグ初年度の時も、50歳の今も、FW登録で背番号は11のままのカズ。

「グラウンドに出るとわがままなんですよ」

 アマチュアからプロへ。

 日本サッカー界の過渡期にあって、選手たちの意識も“プロ”へと引き上げられていった。そのきっかけとなったのがカズの存在、ひいてはヴェルディというチームだったのだろう。

 都並は言う。

「結局、監督との駆け引きなんですよ。『いくら他の奴が調子よくても、最初(スタメン)は自分だろう、そこを忘れるな』と。それを示すのはプロとしてすごく大事なことなんです。

 もちろんその代わりに結果は出さなきゃいけないし、勝負してダメだったら外される。それでも、プロは主張しなきゃいけない。そういう意識の高さも常に持っていました。

 カズって、人間的には本当に素晴らしい人です。でも、優しいだけじゃない。グラウンドに出るとわがままなんですよ。自分でグイグイ行くし、やっぱりそうじゃなきゃダメなんです。

 良いところを人に譲っちゃうようでは、この世界では生きていけないですから」

プロとは何か? 日本サッカーが飛躍した理由とは?

 プロとは何か。

 そして、ヴェルディという常勝チームの原点はどこにあったのか。

 それらが、彼らの言葉から見えてくる。

 カズとヴェルディが築いた大きな大きな礎は、日本サッカーが大きく飛躍を遂げ、世界への扉を開けるためにどうしても必要な「第一歩」でもあったのだ。

 50歳現役で新シーズンを迎えた三浦知良を総特集したNumber922号「三浦知良、50歳 まだやるよ。」では、ヴェルディ時代のカズのチームメイトである北澤豪さん、都並敏史さん、そして日本代表でともに戦い、憧れの存在・カズの一挙手一投足を見つめてきた前園真聖さんの3氏による座談会企画「僕らのカズと日本サッカー」が掲載されています。
 カズがブラジルから読売クラブに入団してきた時のこと、ストイックな姿勢やファンサービスを含めた強烈なプロ意識のこと、カズが夜の町に繰り出す時の「流儀」など、チームメイトだから知り得たエピソードが満載です。
 永久保存版、是非お読みください!
三浦知良、50歳 まだやるよ。

Sports Graphic Number 922

三浦知良、50歳 まだやるよ。

 

関連コラム

BACK 1 2 3
三浦知良
ラモス瑠偉
北澤豪
武田修宏
柱谷哲二
都並敏史
前園真聖

Jリーグの前後のコラム

ページトップ