今日も世界は走っているBACK NUMBER

神野大地はマラソンでも神なのか。
五輪代表3人に勝利した異常な粘り。 

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byEKIDEN NEWS

posted2017/02/12 07:00

神野大地はマラソンでも神なのか。五輪代表3人に勝利した異常な粘り。<Number Web> photograph by EKIDEN NEWS

陸上長距離界に旋風を巻き起こす青学大。その象徴の1人である神野は卒業後も明確な結果を残している。

神野のサングラスが最高価格をつける人気ぶり。

 会場は、ハーフマラソンを走り終えたばかりの市民ランナーたちの熱気に包まれた。そのオークションで、並み居るメダリストたちの逸品を退け最高価格をつけたのは、神野が提供してくれたオークリー社のサングラスだった。

 驚いたことに、競り落としたのはレースに参加した市民ランナーではない。福井県から香川県まで、わざわざ神野の応援に来た女性ファンである。

 今年は、神野が出場するすべての大会に行く予定とのこと。世に言う「追っかけ」だ。オークションに勝利したファンの女性をステージに上げて早速インタビュー。私は、つい茶々を入れたくなった。

金「神野選手のどこが好きなんですか?」

ファン「顔です」

金「えっ! 顔ですか! 走りとか、性格とかではないんですね!」

ファン「顔が大好きなんです!」

 実力もあるが、とにかく人気者の神野だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
神野大地
大迫傑
村山絋太

陸上の前後の記事

ページトップ