濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

神取忍や小池栄子の夫を飛び道具に。
RIZINに潜む、年末格闘技の矜持。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byMunehiro Hashimoto

posted2016/12/04 08:00

神取忍や小池栄子の夫を飛び道具に。RIZINに潜む、年末格闘技の矜持。<Number Web> photograph by Munehiro Hashimoto

ミスター女子プロレスとして恐れられた神取だが、ギャビとのサイズ差を跳ね返して勝利できるのだろうか。

飛び道具を使うバイタリティを取り戻した、とも。

 本当の意味でメジャーになるには地上波で放送されなければ、という環境が変わらない限り、つまりは日本のメディア環境でメジャーを目指す限り“飛び道具”はなくならない。記者は苦笑し、真面目なファンほどイライラする。たぶんずっとそうなのだ。しかし今の格闘技界は“飛び道具”を使うバイタリティを取り戻したとも言えるかもしれない。

 そこで大事なのは、年末のRIZINで組まれているのが“飛び道具”だけではないということだ。それこそ、シリアスなカードもコミコミ。UFCから日本復帰を果たす川尻達也は、9月大会で所英男に完勝したクロン・グレイシーと対戦する。底なしのポテンシャルを持つ山本アーセンは所に挑み、北岡悟とダロン・クルックシャンクのライト級実力者対決も実現。DEEP王者の和田竜光、そのライバルである元谷友貴といった、現在の日本MMA最前線で体を張る若い選手の出場も決まった。

 彼らが“飛び道具”を脇に追いやるようなインパクトを観客(と視聴者)に残すことができるか。その“闘い”にこそ注目したい。いや、実は同じことを毎年のように言っているような気もするのだが、これは「今さら」と思わず言い続けなくてはいけないだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

神取忍
小池栄子
RIZIN
桜井“マッハ”速人
高田延彦
坂田亘

格闘技の前後のコラム

ページトップ