話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ガンバのルヴァン杯はプラスだった!
土台はある、あとは「もう1歩」の駒。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE.PHOTOS

posted2016/10/19 11:00

ガンバのルヴァン杯はプラスだった!土台はある、あとは「もう1歩」の駒。<Number Web> photograph by J.LEAGUE.PHOTOS

今野泰幸と井手口陽介のボランチラインは浦和攻撃陣を苦しめていた。攻撃陣が機能し始めるまで、チームの軸はここになりそうだ。

遠藤は引き続きトップ下起用が増えそうだが……。

 ボランチが本職の遠藤保仁は今季はトップ下での起用が多いが、チームメイトは好意的だ。フラフラと神出鬼没に味方の目につくところでボールをもらい、攻撃のアクセントになる。トップ下というよりはフリーマン的な存在でピッチに漂いながら決定的な仕事をする。

「ヤットさんはめちゃくちゃ動くわけじゃないけど、ボールをもって前をむいた時に目につくところにいてくれる。受けてワンタッチで変化をつけたり、タメをつくってくれるんで助かります」

 そう話す今野も、遠藤のトップ下を歓迎している。

 今季の遠藤はボールロスト率が高くなり、守備力と運動量の低下などもあってトップ下に置かれているが、チームメイトの信頼は今も絶大である。ただ、試合がつづくと消える時間も増えた。来季は遠藤の起用方法もガンバにとって重要なポイントになるだろう。

 そして今季もまだ終わっていない。チャンピオンシップの出場は難しいが、天皇杯3連覇の可能性は十分残っている。来季は1シーズン制になり、改めてチームの総力が試される。ルヴァンカップの決勝、選手は負けて清々しいとは誰ひとり思っていないが、来季につながる準優勝だったのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ガンバ大阪
長谷川健太
今野泰幸
井手口陽介
アデミウソン

Jリーグの前後の記事

ページトップ