サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

清武弘嗣が乗り越えたハリルの規律。
自由さで示した“攻撃の道筋”とは。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/10/14 11:00

清武弘嗣が乗り越えたハリルの規律。自由さで示した“攻撃の道筋”とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

清武弘嗣が2アシストで鮮烈な代表デビューを果たしたのが2011年。5年後にスタメンに定着できていないとは誰が想像しただろうか。

もう若手ではない、ポジションを掴み取れ。

 そして、セビージャでも厳しい現実が待っている。

 調子を上げるチームメイト、結果を手にするチーム。そういう流れのなかで、チャンスを待ち続けなければならない。わずかでも、「しょうがない」と納得してしまえば、きっと競争の戦場の上で後退してしまうだろう。たとえベンチ外になったとしても「なぜ俺を使わないんだ!」という強い気持ちを示し続けることで仲間に脅威を与え、監督にとっても目を離せない存在で居続けなければならない。

 他の選手との違いを見せることも重要だし、周囲の印象や認識を変える振る舞いも必要だろう。何をすべきかを冷静に分析し、熱い闘争心でやるべきことを表現する。

 苦境のなかで、プライドと自信を磨き続けるそんなセビージャでの葛藤が、代表での競争にも繋がっていく。もう若手ではない。ポジションを掴みとる。その気概が清武のキャリアを変えていくはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
清武弘嗣
セビージャ
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ