リオ五輪PRESSBACK NUMBER

「夢は指導者ではなく選手のもの」
競泳・松田と久世コーチの信念とは。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/11 08:00

「夢は指導者ではなく選手のもの」競泳・松田と久世コーチの信念とは。<Number Web> photograph by AFLO

幼少の頃から長年にわたっての信頼関係。リオ五輪でも久世コーチは松田の精神面をしっかりとサポートした。

出発点となる夢は、指導者ではなく選手が描くもの。

 久世コーチは、こうも語っていた。

「出発点となる夢は、指導者から選手に与えることはできません。選手自身が描くもの。指導者は夢を形にするために手を差しのべたり、引っ張りあげたりすることです」

 将来が楽しみだ、と直感させたのは、松田自身の、とことん速くなりたいという気持ちの強さだったろう。そして世界一になりたい、フェルプスに勝ちたいと、初心から変わることなく取り組んできたからこそ、刻み続けた足跡だ。

 そのかたわらには、いつも立っていてくれる人がいた。

 自分を育てるのは、最後は自分かもしれない。

 でも、どれだけ速くなりたいと思い、夢を追い続けていても、不安に駆られることは必ずある。可能性を信じられなくなるときはある。

 そんなときでも信じて見守る人がいることが、どれだけ大きいことか。

 松田と久世、2つの信念が寄り添って築いた、競技人生だった。

関連記事

BACK 1 2 3
松田丈志
金藤理絵
久世由美子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ