リオ五輪PRESSBACK NUMBER

金藤理絵、金メダル直前にあった危機。
コーチが出した定石破りの指示とは? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/08/12 15:30

金藤理絵、金メダル直前にあった危機。コーチが出した定石破りの指示とは?<Number Web> photograph by Getty Images

世界ランキング1位の実力を最後に発揮した金藤。五輪の一発勝負ならではの怖さを味わいながらも勝者となった。

「このままだったら、理絵が負けてしまう」の一心。

「これで間に合った。そう思いました」

 その瞬間を、加藤はこう振り返った。アップの泳ぐ距離を変えたのも、最後の最後に2本増やしたのも、大きな賭けだった。通常ならあくまで調整ということで、レース本番に疲労を残さないように考慮してアップは行なわれる。しかし2人は、セオリーを無視したのだ。

 この蛮勇とも思えるウォーミングアップは長年、選手を見てきたコーチならではの蓄積もあってこそだろう。何よりも、こんな思いが必死の行動につながっていた。

「このままだったら、理絵が負けてしまう。その思いだけでした」

 迎えた決勝での金藤の堂々とした泳ぎが、ギャンブルの成功を雄弁に物語っていた。

 勝負の行方を大きく左右した、加藤コーチの決断だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金藤理絵
加藤浩時
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ