F1ピットストップBACK NUMBER

F1界最高のジャーナリストが去った。
最高に危険で、最高に愛された男。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMercedes AMG

posted2016/08/14 07:00

F1界最高のジャーナリストが去った。最高に危険で、最高に愛された男。<Number Web> photograph by Mercedes AMG

優れたジャーナリストであり、F1という競技の最高の理解者でもあった“バイロン・ガン(拳銃)”ことバイロン・ヤング。

公平無私。ファンからもドライバーからも愛された。

 ただし、ヤングはだれに対しても口撃してきたたわけではない。昨年のイタリアGPの予選後、マクラーレンの記者会見でホンダへのバッシングとも思える質問が相次いだが、そのときヤングは沈黙を貫いた。

 ヤングはその時のことをこう述懐する。

「じつは、ある人物から『ホンダを叩いてほしい』と、イギリスの一部の記者たちにお願いがあった。そのうち何人かは厳しい質問をしたが、私はその申し入れには同意できなかった。なぜなら、それはファンの声ではなかったからね」

 ドイツGPでヤングから最後の質問を受けたロズベルグは、会見後、ケーキをプレゼントした。そのケーキはガン(銃)とともにこんな言葉で飾られていた。

「バイロン・ガン(銃)――口撃し続けた29年間」

 初めてドライバーと仲良く写真に収まるヤング。

 笑顔のヤングには、もう銃は必要ない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バイロン・ヤング
クリスチャン・ホーナー
バーニー・エクレストン
フェルナンド・アロンソ
ニコ・ロズベルグ
ミハエル・シューマッハー

F1の前後のコラム

ページトップ