リオ五輪PRESSBACK NUMBER

中村美里がついに微笑んだ日――。
金以上の価値ある、復活の銅メダル。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/08 12:30

中村美里がついに微笑んだ日――。金以上の価値ある、復活の銅メダル。<Number Web> photograph by JMPA

「(ロンドン五輪よりも)今回は少しでも多く戦う姿を見せられたのは良かったです」と応援してくれた人々を思いやるコメントをした中村。

どん底からの再スタートの銅メダルに、大きな意味が。

 悔しさはある。

 北京五輪で銅メダルを手にしながら、「金メダル以外は同じです」と悔しがってから、追い続けてきた目標には3度目も届かなかったことになる。悔しいのは当然だろう。

 でも、三度目の大舞台は想像もできないという状態からスタートして、手術とリハビリを乗り越えた。いろいろな経験を積んで、新たな仲間の応援も得た。その末に手にしたメダルだから、大事にしたいと思う。

 南條監督は言う。

「波がありながら出場をつかんでの結果です。いろいろな評価はできると思います。これから柔道を続けていくのか分かりませんが、それをかみしめて、人生にトライしてもらいたいなと思います」

 中村が手にしたのは、ロンドン五輪後に歩んできた時間の証であり、これからの人生にとって財産となる銅メダルだった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中村美里
マイリンダ・ケルメンディ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ