岩渕健輔、ラグビーW杯と東京五輪のためにBACK NUMBER

リオ五輪のラグビー、日本の相手は?
岩渕健輔が各国の弱点を徹底解析。 

text by

岩渕健輔

岩渕健輔Kensuke Iwabuchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/08/03 17:00

リオ五輪のラグビー、日本の相手は?岩渕健輔が各国の弱点を徹底解析。<Number Web> photograph by AFLO

オーストラリア守備陣を切り裂く福岡堅樹。五輪でメダルという目標へ準備は整った。

試合時間が短いからこそ、流れをコントロールしたい。

 このようなアプローチは、2試合目で当たるイギリス戦にも共通します。

 イギリスの女子代表は体のサイズやパワー、スピードを活かしたオーソドックスな戦い方をするチームです。日本にとっては、パワー勝負やスピード勝負にいかに持ち込ませないようにするかがポイントになります。

 ただし、真っ向勝負を仕掛けてくる傾向が強い分、日本が対抗できる可能性も増えてきます。展開する局面はもとより、セットプレーの場面でも、組織力を活かして活路を見出していくことが可能になってくるからです。

 対戦相手のイギリスには、身長が180センチを超えるような長身選手もいます。このような選手に対抗していくためにこそ、日本にとっては真の組織力を発揮することが求められてくるとも言えるでしょう。

 プール組分け3戦目で当たるブラジルは、3チームの中では日本にとって最も相性のよい相手です。になっています。日本は過去に何度も対戦したことがあるだけでなく、勝利も収めています。またカナダやイギリスに比べれば、体格やパワー、スピードの面でそれほど差がないという点でも、戦いやすい相手だと言えます。

 とはいえ、油断は禁物です。ブラジル代表の選手たちは自国大会だということで、いつにも増して気持ちの入ったプレーをしてくるでしょうし、地元の応援が追い風になることも十分に予想されます。

 したがって日本にとっては、きちんと先手を取り、相手をリズムに乗せないことが重要です。7人制ラグビーの試合は前後半7分ずつの合計14分で決着します。試合時間が短いからこそ、ゲームの流れをきちんとコントロールすることが不可欠になるのです。

金メダルという目標を4年前からはっきり掲げてきた。

 男女共、プール組分けを勝ち抜いた後は、2日目の2試合目が準々決勝、そして3日目に準決勝と決勝を行う形になります。

 男女の代表とも、今回のリオ五輪ではメダルの獲得を目指します。特に女子の代表は、リオ五輪で金メダルを取るという目標を4年前からはっきり掲げてきました。

 どのチームも、国の名誉を一身に背負って大会に臨んでくる以上、日本代表にとって楽な試合は一つもありません。またメダルの獲得はもとより、金メダルを獲得することは、かなり高い目標であるのも事実です。

 しかし私たちとしては、自らが掲げた目標に向かって、試合に臨むつもりです。今回の大会は4年後の東京オリンピックで男女ともメダルを獲得するという目標を達成する上でも、きわめて重要な足がかりとなるからです。

 代表合宿から試合会場の視察、そして合宿地の選定に至るまで、私たちはやるべきことを全力で行ってきました。皆様には是非、熱い声援を送っていただき、私たちと共に戦っていただければ幸いです。

(取材・構成=田邊雅之)

関連記事

BACK 1 2 3 4
岩渕健輔
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ