炎の一筆入魂BACK NUMBER

急失速を知る緒方監督と新井の思い。
「一戦必勝」「凡事徹底」を貫く広島。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/07/22 11:00

急失速を知る緒方監督と新井の思い。「一戦必勝」「凡事徹底」を貫く広島。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

緒方監督は試合中だけでなく、練習のワンプレーにもきっちりと目を光らせている。

点差が開いても、全員が一塁に全力疾走する。

 東出輝裕打撃コーチは「選手は誰も安心していない。キク(菊池涼介)であっても欠場した試合でチームが勝つから、簡単には休めないと思っていると思う。(独走状態も)監督と新井さんは冷静に、冷静にとなっているけど、選手はいい意味で気にしてはいない」とチームの雰囲気を感じ取る。

 全試合に1番で先発する田中は志願して早出特打に参加し、4番ルナも併殺を免れるための全力疾走を怠らない。点差がいくら開いた状態でも、三振で捕手が後逸すれば振り逃げを狙って一塁へ全力疾走する姿勢は広島の野手全員に見られる。個の高い「凡事徹底」の意識が、チームとしてより強い力となって発揮されている。

 差を空けられた2位集団が期待する油断と慢心は、今季の広島には見当たらない。細心の注意を払い、一歩一歩を積み重ねる。

「凡事徹底」には、こんな意味もある。「当たり前のことを極めて、他人の追随を許さない」。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

広島東洋カープ
緒方孝市
新井貴浩

プロ野球の前後のコラム

ページトップ