相撲春秋BACK NUMBER

初代若乃花と隆の里の志を継ぐ――。
稀勢の里30歳、決意の横綱挑戦へ。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph bySponichi

posted2016/07/09 07:00

初代若乃花と隆の里の志を継ぐ――。稀勢の里30歳、決意の横綱挑戦へ。<Number Web> photograph by Sponichi

先々代の師匠・隆の里が30歳の時に綱獲りを果たした名古屋場所。当時と同じ、仏地院の境内に座った30歳となる稀勢の里。

「若乃花イズム」を継承し「鳴戸イズム」を体現。

 ふたりの師弟関係をよく知る前田会長が述懐する。

「生前の鳴戸親方にもよく言いましたが、弟子たちのなかでも一番師匠を尊敬し、相撲界の親方としての道を、同じように歩みたいと思っていたのは、鳴戸親方です。見ててわかりまんがな。同じ青森やからちょっとズーズー弁が出るのもそっくりで、同じ言葉を発してましたわ。弟子の指導も部屋の運営も、もう若乃花イズムをそのまま受け継いでいた。自分も横綱だった鳴戸親方が、師匠の葬式の時にどんだけ悲しんで、あたふたしながら動いて、OBや周囲、二子山未亡人の大おかみに、どれだけ気配りしておったか……」

 己の体に染み込んだ「若乃花イズム」を継承し、独自の「鳴戸イズム」を体現するなか、15歳の稀勢の里を手塩にかけて育てた。

 今から33年前、昭和58年の名古屋場所後、当時30歳の年齢で隆の里は横綱に昇進している。奇しくも、稀勢の里はこの境内に座った翌日、30歳の誕生日を迎えた。

 初代若乃花と隆の里――ふたりの横綱のイズムを継ぎ、叩き込まれた男が、この暑い名古屋で綱獲りに挑む。

関連記事

BACK 1 2 3
稀勢の里
若乃花
二子山親方
隆の里
鳴戸親方
貴ノ花
若嶋津
前田克巳

相撲の前後の記事

ページトップ