SCORE CARDBACK NUMBER

「不動のセンター」稀勢の里は期待を歓喜に変えられるか。~優勝すれば横綱昇進が濃厚だが~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/07/08 13:00

「不動のセンター」稀勢の里は期待を歓喜に変えられるか。~優勝すれば横綱昇進が濃厚だが~<Number Web> photograph by KYODO

香川県で初の合宿を実施した稀勢の里(左)。3日間でのべ5500人ものファンが集まった。

 7月10日に初日を迎える名古屋場所最大の見どころといえば、「初優勝ならば横綱昇進」とされる、稀勢の里の行方だろう。

 過日行われた某スポーツ新聞の「大相撲総選挙」なる力士人気投票で、ダントツの第1位。5連覇を果たし、その人気は横綱やイケメン力士の遠藤をも凌ぎ、土俵上の「不動のセンター」なのである。

 場所前は熱烈な歓迎のなか、香川県観音寺市で初めての合宿を敢行。横綱昇進への期待を一身に受け止めてもいた。


 最近の稀勢の里は、ここ2場所連続で13勝2敗の成績を挙げ、それまで不安要素のひとつだった“前半戦でのとりこぼし”も鳴りを潜めている。だが、「横綱にもっとも近い男」とされつつも、「ここ一番、大事な場所に弱い」一面が指摘され続けてきた。かつて故北の湖理事長が、「稀勢の里(の相撲)は、フタを開けてみないとわからない」と評したものだったが、自身も自覚しているように、「期待を裏切り続けてきた」のが稀勢の里なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 474文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<地方大会開幕特集>甲子園を夢みる夏。
稀勢の里
御嶽海
遠藤

相撲の前後の記事

ページトップ