ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビーW杯後、ジャパンの第一歩。
スコットランドに敗戦も光明あり。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/06/20 11:50

ラグビーW杯後、ジャパンの第一歩。スコットランドに敗戦も光明あり。<Number Web> photograph by Kyodo News

タックルする小瀧尚弘(左)と稲垣啓太(右)。小瀧は2015-16シーズンのトップリーグ新人賞受賞者。今年からの代表参戦だ。

マイナス要素が揃いながらも崩壊しなかった。

 準備時間の不足により、チームは熟成されていない。事前の負傷者に加え、この試合では得点源の松島幸太朗も前半15分で負傷退場。実質的に代表デビュー戦の帝京大4年生、松田力也がピッチに入った。その松田は相手のトライを防ごうとパスをはたき落とし、イエローカードとペナルティートライを献上してしまうなど、経験不足を露呈した。

 それだけのマイナス要素が揃いながら、ゲームは崩壊しなかった。

「勝てる試合を落としてしまった」

 そう言ったのは、両チームのフォワードで最小兵、177cmで奮闘したフランカーの金正奎だ。昨年のワールドカップに向けた日本代表には一度も参加していない新顔だが、スコットランドの猛者に対しても臆せず体を張り、タックルしてそのまま相手からボールを奪い取る“ジャッカル”で活躍した。

 ロックの小瀧尚弘は、207cmの巨人ロック、スコットランドのリッチー・グレイと互角に渡り合った。SH茂野海人は、スコットランドを率いるグレイグ・レイドロー主将を向こうに回し、PKからの速攻でトライの起点を作った。ワールドカップの遺産ではない部分でも、日本代表は世界の強豪と互角に戦ったのだ。

「次は全然違うよ。しっかり準備できるからね」

「悔しいのは後半のアタックのとき。もっと強気でいけばいいのに、相手に確認しないでパスをしてしまったことです」

 後半のトライチャンスを潰した場面を、金はそう振り返った。新顔らしいナイーブなミスを犯したとはいえ、試合直後に、自分のそのミスを冷静に捉えていたことに、ここからの伸びしろを感じさせた。

 テストマッチでも問われるのは結果であるのは確かだが、それは、いつでも望み通りに手に入るものでもない。

 結果が掴めなかったことを、どう総括して、どんな修正を施すのか。

「次は全然違うよ。しっかり準備できるからね」とマフィは言った。

 ワールドカップ後のジャパンはどんな第一歩を踏み出したか。その評価を決めるのは、6月25日の第2テストマッチを見届けてからにしよう。

関連記事

BACK 1 2 3
堀江翔太
アマナキ・レレイ・マフィ
畠山健介
小瀧尚弘
金正奎
茂野海人
松田力也

ラグビーの前後の記事

ページトップ