サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

五輪のOAは吉田麻也の成功にならえ!
下の世代に「降りていく」重要性。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/06/18 08:00

五輪のOAは吉田麻也の成功にならえ!下の世代に「降りていく」重要性。<Number Web> photograph by JMPA

ロンドン五輪で吉田麻也はキャプテンとしてチームを盛り立てた。その活躍もあいまって、直後にサウサンプトン移籍を勝ち取った。

植田、遠藤ら主力と濃密なコミュニケーションを。

 今回、塩谷には浅野拓磨という広島でともにプレーする選手がいて、誰も知らない選手がチームに入ってくる時よりも融合はスムーズにいくと思われる。求められるのは、吉田同様に守備の安定に寄与することだ。

 リオ五輪最終予選では、6試合15得点4失点と守備は抜群の安定感を見せたが、5月のトゥーロンでは4試合で5失点(3得点)だった。世界に簡単にやられるケースが多く、守備の修正が課題になっている。そこでどれだけ自分の力を発揮できるか。

 また、センターバックの植田直通とコミュニケーションを取り、ボランチの遠藤航らと強固な三角形を築き、センターラインの軸になる必要がある。さらにロンドン五輪大会中に急成長した鈴木大輔のように、植田がワンランク上のレベルに押し上げられれば、今大会の結果がもちろん、A代表にもつながっていくことになる。

チーム力が変わらなければ、OA枠の責任になる。

 OA枠の藤春、塩谷はロンドン五輪の時の吉田と徳永のようにチームに違いや変化をもたらし、チームの総合力を上げることが求められる。もし、チーム力が変わらなければ彼らの責任になるだろう。それゆえ彼らが感じるプレツシャーはA代表の試合以上に大きいはずだ。その覚悟を持って引き受けたふたりにはおおいに期待したい。

 そして、残り一枠、誰がOA枠で入るのか。ラストの椅子は、リオ五輪の大会の趨勢を決める大きな選択になるだろう。

関連コラム

BACK 1 2 3
塩谷司
吉田麻也
藤春廣輝
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ