プレミアリーグの時間BACK NUMBER

バーディー+ケイン+ルーニー=?
EUROで復権の気配漂うイングランド。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/09 07:00

バーディー+ケイン+ルーニー=?EUROで復権の気配漂うイングランド。<Number Web> photograph by AFLO

バーディー、ケインという新星2人を支える仕事でも、ルーニーにならば安心して任せられる。

攻撃陣は豪華だが、守備陣はかなり不安。

 また背後の守備陣は、守護神としてジョー・ハートが控えていても安心感に欠ける。スモーリングはリーダーシップも発揮できるようになってきたが、最終ライン中央の相棒はギャリー・ケーヒルかジョン・ストーンズ。それぞれチェルシーとエバートンで不本意なシーズンを過ごした両CBには自信の面でも一抹の不安がある。

 加えて、ダニー・ローズとライアン・ナサニエル・クラインが第1候補と思われる左右SBは、純粋なサイドアタッカーがラヒーム・スターリングのみというMF事情もあって攻撃参加が必須。となれば尚更、チームで唯一人のボランチ本職として、まだ22歳で代表歴僅か7試合のダイアーが背負う守備面の重責を軽減するために、自己犠牲を厭わない精神の持ち主が中盤に求められる。献身的な姿勢は、腕にキャプテンマークを付けるベテランとなる以前からルーニーの持ち味だ。

 果たして、当人が「必勝の覚悟で挑む」と言っているロシアとのEURO初戦でのルーニー起用法は如何に? 過去10年間、国際大会のピッチでは、コンディションの不良や1トップとしての孤立で「ピッチ上にいないも同然」と言われてきたルーニーだが、今大会では物理的な「ピッチ上での居場所」がイングランドの成否を分けることになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ロイ・ホジソン
ウェイン・ルーニー
ハリー・ケイン
ジェイミー・バーディー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ