#sotaronbaBACK NUMBER

レブロンの悲願かウォリアーズ王朝か。
今季NBAファイナルで革命が起こる!
 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/06/02 10:50

レブロンの悲願かウォリアーズ王朝か。今季NBAファイナルで革命が起こる!<Number Web> photograph by Getty Images

カンファレンス決勝、最終戦の直後。お互いに抱擁を交わしたカリーとデュラント。

ウォリアーズ対キャバリアーズ、2度目の正直。

 昨年優勝を果たしたウォリアーズを待っていたのは賞賛の声よりも、ラッキーだったという厳しい見方でした。

 西カンファレンスを勝ち上がった際に、強豪と言われていたクリッパーズ、スパーズ(サンダーはプレーオフを逃した)と直接対決をしていないこと。ファイナルで戦ったキャバリアーズが主力のラブとアービング不在でレブロン1人だったことがケチのついた要因でした。

 プレーオフの組み合わせや流れ、そして相手チームの怪我はどうしようもないことなので決して彼らのせいではないのですが、結局は“ラッキー優勝”のレッテルを貼られてしまいました。

 昨年の経緯も踏まえて、これから始まるファイナルの対戦は2年越しの2部作の映画を見ているくらい完璧なシナリオです。

 ウォリアーズにとっては、連覇を成し遂げ、王朝を築く一歩となるのか、キャバリアーズは、レブロンが悲願の優勝を手にし、故郷に60年振りの錦を飾るのか。ともにフルメンバーで挑む、今シーズンの頂点を決めるファイナル。これ以上のドラマはありません。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オクラホマシティ・サンダー
ステフィン・カリー
ケビン・デュラント
アンドレ・イグダーラ
ラッセル・ウェストブルック
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ