サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

南野拓実の視点で振り返る1勝3敗。
確かに見られた欧州での成長の跡。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/01 10:40

南野拓実の視点で振り返る1勝3敗。確かに見られた欧州での成長の跡。<Number Web> photograph by AFLO

ボールに絡んだ時は、他の選手とは違う力強さを見せた南野拓実。チームを「勝たせる」選手になれるか。

この順位では、グループリーグ敗退になる。

 チームは1勝3敗に終わり、グループ5チーム中の4位。この順位ではリオ五輪の本番ではグループリーグ敗退になる。南野自身は3試合に出場して1得点。欧州で10得点取って活躍してきたことを考えると物足りない結果だった。

「危機感を感じます。リオ五輪に出るチームに負けているし、チームとして結果が出なかった。五輪は一発勝負なので、もっと勝負強さを高めていかないと簡単に終わってしまう。それに個々のミスも多かった。リオ五輪まで残り2カ月しかないですけど、シュートの質や決定力を高めるなど自分を含めて、みんな今回出た課題を持ち帰って修正していかなければいけない。それができれば、僕はリオ五輪で十分勝てると思っています」

 楽観はしていないが悲観もしていない。大会の結果から分析した中で、何をすべきか南野には見えている。欧州で成長したといえ、また新たな課題を突き付けられたことは、南野にとっていい刺激となり、リオ五輪本番までのいいモチベーションになったに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
南野拓実
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ