JリーグPRESSBACK NUMBER

西川周作はPKを志願する男である。
「迷ったら、前へ。それが自分」 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/05/26 17:00

西川周作はPKを志願する男である。「迷ったら、前へ。それが自分」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

西川周作は志願してPKキッカーとなり、そして敗れた。しかしその決断を非難する資格は誰にもない。

「迷ったら、前へ。それが自分だと思っています」

 だからこそ、その部分について問いかけた。すると西川は、全てを前向きにイメージしていくのが自分のスタイルなのだと話した。

「余計なことは考えないようにしていて、普段からGKをやっていても、ミスをしたらどうしようとは全く考えない。やるからには思い切ってやろう、楽しんでやろうという気持ちだけ。それを自分の中で大事にしている。今までにミスでの失点もしたけれども、そこから学んできた。今日の負け方はみんな精神的にきついと思うけど、GKの活躍次第でチームを良い方向に持っていけるとあらためて思った。自分がしっかりと結果を受け止めながら、また前に進みたい」

 以前、試合の中でペナルティーエリア外に飛び出して処理するかどうかが微妙なボールがあったときに、試合後に彼が話した言葉が今でも印象に残っている。

「迷ったら、前へ。それが自分だと思っていますからね」

安全圏からさらに先へ、一歩を踏み出し続ける。

 もしかしたら、このPKキッカーを決めるミーティングの際にも、多少の逡巡はあったのかもしれない。だが、それならば前に一歩を踏み出す。そして、全力を尽くしたその結果を受け止める。それが、西川のスタイルだ。

 だからこそ、この悔しい敗戦の後にも見せたいのは、ここからさらに一歩前に踏み出す姿勢だ。悔しさ、無力感、責任、そうしたものを全て受け止めた上で、それでも力強く宣言する。

「僕は落ち込むというよりも、反省しながら前に進んでいくという姿勢をみんなに見せていきたい。自分がピッチに立って結果を残し続けることで、また上がっていける。サポーターの期待を背負いながらいつも戦っていることが幸せだと思っているし、もっと強くなれたら」

 確かにこのゲーム、特にPK戦を見れば、西川が“一人相撲”を取ったように映るのかもしれない。だが、決して自分の虚栄心や自己顕示欲のために取った行動ではない。常に全力でトライして、自分の持ち得るものや安全圏から先へ、さらに一歩を踏み出す。今回は、その結果が伴わなかったが、この姿勢こそが西川を常に成長させる最大の原動力だといえるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
西川周作
浦和レッズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ