プロレスのじかんBACK NUMBER

ノアファンが否定し続ける潮崎豪。
そんな男が握る、沈みゆく団体の命運。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/05/26 17:30

ノアファンが否定し続ける潮崎豪。そんな男が握る、沈みゆく団体の命運。<Number Web> photograph by Essei Hara

5月28日のGHC戦では、ノアに復帰してからの潮崎の、本当の意味での団体への忠誠心が試される。

なぜ危機感や対抗心が表面に出てこないのか?

 1月31日、横浜文化体育館で鈴木みのると対戦し、ゴッチ式パイルドライバーでフォール負け。

 3月19日、後楽園ホールではマイバッハ谷口と組んで、K.E.Sが保持するGHCタッグ王座に挑戦するが敗退。

『グローバル・タッグリーグ戦2016』でも優勝を逃した。

 この際、そんな試合の結果は置いておく。問題なのは、リング上の闘いから、その立ち居振る舞いから、ノアの選手たちに団体存亡への焦りや危機感が感じられないこと。鈴木軍の選手に対する対抗心が希薄に見えることだ。

 危機感や対抗心がないはずはないだろう。

 では、なぜそれが現出しないのか?

 なぜ、そんなにも精神的に余裕があるのか?

 このクエスチョンこそが現在のノアにおける最大のテーマとなっているのだから、ファンも抗争そのものにピントを合わせづらくなっている。

 最悪の状況だ。

この抗争は……徒花だと言うのか!!

 そんな問題が解消されないまま、しかし、潮崎にふたたびチャンスが巡ってきた。

 5月28日、『GREAT VOYAGE 2016 in OSAKA』エディオンアリーナ大阪・第1競技場で、潮崎はGHCヘビー級王者・杉浦貴に挑戦するのだ。

「俺が上がり始めた頃の新日本も、今のノアみたいにやばいって言われてたんだよ。でも、そのときの新日本はレスラーも会社も、もう一度盛り上げるために必死だった。きっとノアのやつらも『団体を守る!』っていう気持ちはあるんだろうけど、肝心のレスラーたちから結束している雰囲気が感じられない」(タイチ・鈴木軍)

 常に変化を求め続ける新日本系と、大きく変化することを良しとしない全日本系。全日本と新日本の両方を経験しているタイチの言葉には、そんな出自の違いも見え隠れする。

 ならばこの抗争は徒花だと言うのか?

 そんなこと、あっていいわけがないだろう。ファンはいつだって考える間を与えられないほどに熱狂したい。

 今度の大阪決戦だって、潮崎にだってそうさせて欲しいと、ずっと懲りずに思っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木みのる
潮崎豪
田上明
丸藤正道
金丸義信
マイバッハ谷口
杉浦貴
タイチ
全日本プロレス
新日本プロレス
プロレスリング・ノア

プロレスの前後のコラム

ページトップ