サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

未熟な連係、発揮されない個の能力。
U-23が直面する「主力との格差」。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/25 10:40

未熟な連係、発揮されない個の能力。U-23が直面する「主力との格差」。<Number Web> photograph by AFLO

今大会唯一のゴールを決めている浅野拓磨。彼を生かすためにも、コンパクトな布陣と縦に速い守備陣が必要なのだ。

手倉森「簡単に世界のスタンダードには勝てない」

 うまくいかない時は救世主のような選手が生まれるケースもあるが、今回はまだそういう選手も出てこない。

 それでも後半、前からプレスにいくようになり、流れは良くなった。だが、その流れをうまくゴールにつなげることができない。攻撃が単調になり、誰かがリスクを冒して前に飛び出すなど、勝負をかけたプレーが少ないのだ。

 別に今のチームの粗捜しをしているわけではない。ハンドを見逃されたり、オフサイドではないシーンで止められたり不運な目もあった。だが、それにしてもチーム的にも個人としてもいい部分が少なく、それが実際に結果になって表れている。

 2試合1得点3失点、勝ち点ゼロ。これが今のチームの現状だ。

「そう簡単に世界のスタンダードには勝てない」

 手倉森誠監督は試合後、そう言った。

 この言葉には、どんな試合も勝つのは大変だが、最終予選のような一人一人が戦うサッカーができれば勝つ自信があるという意味が込められているのではないだろうか。

 年齢が下だろうが上だろうが試合になったら関係ない。そこでファイトできるか。がむしゃらに戦えるか。勝てない中でも発揮できるものはある。それさえも失えば、残り2試合(ギニア戦、イングランド戦)もパラグアイ戦やポルトガル戦のような試合がつづくことになる。

関連記事

BACK 1 2 3
手倉森誠
大島僚太
井手口陽介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ