球道雑記BACK NUMBER

“便利屋”オリックス原拓也の、
「脇役でもヒーローになる」勝負論。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/05/17 10:30

“便利屋”オリックス原拓也の、「脇役でもヒーローになる」勝負論。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ここ一番の打撃の切り札であると同時に、内野すべてのポジションで守備を務めた経験がある。頼りになるユーティリティプレイヤーだ。

オリックス4年目、自分の立ち位置への思い。

 オリックスに移籍して今年で4年目を迎える。

 そんな原に現在、自身の置かれたポジションについて訊いてみると彼はこう話した。

「今年は、代打でも僕以外の選手がけっこう出てきたので、そんなに打席は多くないなと思っていました。でも、やはり野球をやっている以上は打席には立ちたいですから、その少ない打席の中で1打席1打席を大事にしています。結果を出さないと次がないので、次に繋がるようにと常にそこは考えています」

 与えられた少ないチャンスをモノにする。そのための準備に何が必要か彼はこれまでの経験から知っている。だから今年も3割を超える高い代打成功率を残していられる。

「西武のときもオリックスのときも、レギュラー獲れそうとはいっても、レギュラーの人が片岡さんだったり、オリックスだったら平野さんだったりが怪我をしていたというだけだったので――。そのときにそこそこ仕事はできましたけど、かと言って、レギュラーの人と同じくらい仕事ができるかと言ったら、そんな選手でもなかった。でも、主力が居なくなったときに穴埋めで使ってもらえるのは光栄なことですし、その位置に今、いられるというのは僕自身も嬉しいことなので、それで試合にも出られるなら、それで良いかなって思っています」

「西武ドームが好きなんです」

 最後に古巣・埼玉西武相手になぜ強いのかを訊いた。

「西武戦というよりも、西武ドームが好きなんですよ、僕。打席に入ったときのピッチャーの見え方が好きなんです。西武ドームって、マウンドが低いんですよ。だからピッチャーの角度があまりないんですよね。変化球も、京セラドームでやったときのキレと西武ドームでのキレってまったく違うんです。(マウンドが)高い方がより落差があるし、曲がるし。そういう意味では、西武ドームの方が、楽に打席に入れますね。だから、西武ドームで他の球団とやったら、みんな見やすいんじゃないかと思います。実際僕が西武にいたときにそうだったので……」

 すかさず「おかげでオリックスの原拓也をアピールできたんじゃないですか」と尋ねると、彼は「それはありますね」と笑った。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原拓也
オリックス・バファローズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ