濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

シュートのエース、ヒジ打ちに散る……。
宍戸大樹が引退試合で見せた血と覚悟。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2016/04/10 10:30

シュートのエース、ヒジ打ちに散る……。宍戸大樹が引退試合で見せた血と覚悟。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

後ろ蹴りを炸裂させた宍戸。直後、相手のヒジで切り裂き攻勢をかけたのだが……。

「最後にまた経験値が上がりました」

 宍戸は額をカットされ、2度のドクターチェックが入る。

 目の上、さらに頭頂部からも出血していた。ヒジで対抗するが、ジャオウェハーの勢いは止まらない。“立ち技総合格闘技”らしくスタンディングでのフロントチョークも見せたが不発。最後は右ヒジをクリーンヒットされて崩れ落ちたところでレフェリーが試合を止めた。

 3ラウンド1分14秒、TKO。

 それが宍戸の最後の試合結果になった。

 引退セレモニーを終えると医務室に直行し、傷の治療をした。3箇所合計で21針縫ったという。切ったことはあっても、切られたのは初めてだった。

「最後にまた経験値が上がりました。いい勉強をさせてもらったと思います」

 インビュースペースでそう語った宍戸。敗因は「欲を出してしまったこと」だと分析していた。先に相手を出血させたことで、正面からのヒジ打ち勝負にこだわってしまったのだ。確かに、カット以降は持ち味のステップワーク、バックブローやバックキックがあまり見られなくなっていた。

 ただそれでも、宍戸は「思いっきりぶつかっていってやられたので。気持ちとしてはスッキリしてます」と言った。結果は出なかったが、自分が闘いたいように闘ったのは確かだ。

どんな大会、どんな条件でも逃げずに戦ってきた。

 シュートボクシングのエースとなって以来、宍戸は常に団体を代表し、負けが許されない立場で闘ってきた。

 全盛期、減量せずとも練習だけでリミットを割ってしまう70kgを主戦場にしてきたのも、その階級で世界トーナメント『S-cup』があったからだ。K-1 MAXのブレイクでこの階級にスポットが当たると、休む間もなく(本来は階級が違う)国内外の強豪と対戦。試合を断ったことは一度もなかった。

 無尽蔵のスタミナを活かした手数の多さや、ステップワークと回転技を駆使したファイトスタイルは、自分より大きな相手と闘うためのものでもあった。

【次ページ】 「切られた傷は勲章」と師匠は涙ぐんだ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宍戸大樹
ジャオウェハー・シーリーラックジム
シーザー武志

ボクシングの前後のコラム

ページトップ