濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

シュートのエース、ヒジ打ちに散る……。
宍戸大樹が引退試合で見せた血と覚悟。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2016/04/10 10:30

シュートのエース、ヒジ打ちに散る……。宍戸大樹が引退試合で見せた血と覚悟。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

後ろ蹴りを炸裂させた宍戸。直後、相手のヒジで切り裂き攻勢をかけたのだが……。

「切られた傷は勲章」と師匠は涙ぐんだ。

 シュートボクシングのために無理と無茶を重ねてきた。

 それがエースの宿命だった。

 しかし最後の最後、引退試合のラスト数分間、彼は自分のためだけに闘えたのではないか。

 思う存分打ち合って、悔いなくリングを降りることができた。それが結果として作戦ミスだったとしても、もう“エースとしての責任”を問うものなど誰もいない。これまでの試合で、それはもう充分に果たしてきたのだ。

「ごまかしながら闘っていたら、こういう感動的な試合にはならなかったでしょう。ああいう散り方だったからこそ、お客さんの印象に残る。印象に残る闘いができるというのは素晴らしいことです。切られた傷は勲章ですよ」

 宍戸の師匠であるシーザー武志・シュートボクシング協会会長は、そう言って涙ぐんだ。「宍戸大樹という選手がいたことを、記憶にとどめてもらえるような引退試合がしたい」という宍戸の願いは、間違いなく叶えられた。

 82戦58勝24敗、シュートボクシングでの試合数は史上最多。

 記録にも記憶にも残るシュートボクサー人生だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宍戸大樹
ジャオウェハー・シーリーラックジム
シーザー武志

ボクシングの前後のコラム

ページトップ