メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

オープン戦絶好調で一時は4割到達!
川崎宗則が「ひらめいた」新打法。

posted2016/03/31 10:50

 
オープン戦絶好調で一時は4割到達!川崎宗則が「ひらめいた」新打法。<Number Web> photograph by Getty Images

3月29日にはオープン戦初本塁打も記録。同日までの打率は3割8分1厘といつメジャー昇格してもおかしくない。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3月26日のカブスのキャンプ地アリゾナ州メサ。今日もムネリンこと、川崎宗則の声が響き渡る。

「よっしゃーっ、一番プレーだーっ!」

 ダブルプレーの練習で二塁に入った川崎が、あの独特の甲高い声で叫ぶ。思わず吹き出す選手もいれば、もう慣れっこになったのか、まったく気にしてない選手もいる。もはや、英語でもスペイン語でも日本語でもない。“カワサキ語”である。

「疲れのピークなんて、もうとっくの昔に通り過ぎてるよ。限界超えた。ガソリンが残ってないから。もう勘弁してって感じ」

 元々、キャンプ中は毎年、自らを追い込む。彼がよく言う「ひらめき」を得るためであり、ある意味、極限に近い状態で“テンパって”いる。ところが川崎はそんな状態で周囲が驚くようなプレーをして、メジャーリーグの首脳陣に強い印象を残してきた。

「トロント(・ブルージェイズ)のカワサキと言えば、楽しいやつでクレイジーなことをするというイメージだけど、彼は本当にいい野球選手なんだ」

 そう言ったのは、ジョー・マドン監督である。それを伝え聞いた川崎は、「俺のことを野球選手だと思ってくれてるのは有難いね」と笑う。

「ただの変なヤツだと思われてんじゃないかと。そういう風に思ってくれて良かった」

オープン戦で一時は打率4割に到達!

「ただの変なヤツ」は、カブスのキャンプでもすぐさま人気者になった。球団が用意した日の丸入りの鉢巻き姿でエアロスミスを歌ったり、ストレッチ前のミーティングでトレーニングコーチから頼まれて、チームメイトを鼓舞したり。ブルージェイズのキャンプにもたらした“どんなことも笑い飛ばせる雰囲気”はカブスにも早速、伝播している。

 マドン監督が言った「本当にいい野球選手」は、3月26日までオープン戦15試合連続で出塁し、その間、15安打6二塁打。25日の時点で打率はとうとう4割にまで達してしまった。

 川崎のライバルは、27歳のトミー・ラステラと23歳のハビアー・バイエズの控え内野手2人だ。ラステラは、元々は三塁手だが二塁も兼任できる内野手。バイエズは本来は遊撃手だが、アディソン・ラッセル遊撃手が台頭した昨季後半は二塁で活躍。中堅もこなせる器用な選手である。今でも他球団のスカウトがマークする有望株だ。ともにベン・ゾブリスト二塁手やラッセル、昨季の新人王クリス・ブライアント三塁手が怪我した場合はすぐさま穴埋めできる実力の持ち主である。

【次ページ】 チームの主砲と一緒になった練習で「ひらめいた」。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎宗則
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ