オリンピックへの道BACK NUMBER

全英OP制覇、世界選手権メダル……。
日本バドミントン、驚異的躍進の背景。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byXinhua/AFLO

posted2016/03/21 10:30

全英OP制覇、世界選手権メダル……。日本バドミントン、驚異的躍進の背景。<Number Web> photograph by Xinhua/AFLO

昨年末のワールドスーパーシリーズファイナルズで、桃田賢斗と奥原希望それぞれが日本人初のシングルス優勝を果たした時の2ショット。

アテネ五輪の屈辱が快進撃のはじまりだった。

 これらの強化策の背景には、過去の屈辱がある。

 2004年のアテネ五輪に男女の合計でシングルス5名、ダブルス4組が出場しながら、わずか計1勝に終わったのだ。

 衝撃だった。オリンピックというふだんにはない注目が集まる場での不振に、このままでは数多くの競技の中で埋没するという危機感があった。それがバドミントン界全体の大きな改革をもたらした。その後も変わらぬスタンスを保ちながら、進んできた。

 とりわけ、目先、つまりシニアのひと握りの強化にとどまらず、小中学生にまで目を向け育成を図った施策が、現在の活況に結びついている。

 アテネ後のオリンピックは、北京五輪で末綱聡子・前田美順組の準決勝進出があり、ロンドン五輪では女子ダブルスで藤井瑞希・垣岩令佳組が、日本初のメダルとなる銀メダルを獲得した。

 そして迎えるリオデジャネイロ五輪。

 オリンピックでは女子ダブルスの成績が先行してきたが、あらゆる種目で実績を積み上げて臨む今回は、日本バドミントン界にかつてないほど期待が集まる大会となる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

奥原希望
高橋礼華
松友美佐紀
早川賢一
遠藤大由
三谷美菜津
垣岩令佳
前田美順
桃田賢斗
福万尚子
與猶くるみ
山口茜
大堀彩
朴柱奉
末綱聡子
藤井瑞希
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ