ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

3カ月ぶりのゴールは、収穫も3つ!
香川真司はドルトの「中心」になる。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/15 10:50

3カ月ぶりのゴールは、収穫も3つ!香川真司はドルトの「中心」になる。<Number Web> photograph by AFLO

ブンデスでほぼ2位以上を確定させたうえでバイエルンを追うドルトムント。香川の攻撃力は絶対に必要とされている。

準備より、ポジティブより、ピッチで証明。

 そして3つ目の収穫はもちろん、ゴールという目に見える結果を残したことだ。

「長くゴールやアシストをしてない中で、やはり何かを自分で勝ち取らないといけないと思っていました。いくら良い準備をしても、ポジティブに戦っていたとしても、最後のやる気はピッチで証明するしかないので。思い切りという意味でも、(自分に)ちょっと勢いが欠けている感じはあります。でも、今日1点取れたことは良かった。これをポジティブに、また次に向けてやっていきたいと思いますね」

 努力が報われるなんていうのは、たぶん嘘だ。でも正しい方向に努力すれば、報われる。それもまた、おそらく一つの真理である。

 香川がドルトムントで絶対的な存在になるためには、まだまだいくつものハードルがある。もちろん、ここで逃げ出すようなタイプの選手ではないだろうし、絶対的な選手になることを香川は望んでいる。

 道は険しい。でも、無理ではない。

 そんな希望を感じさせたのが、3カ月以上も見放されていたゴールを決めたマインツとの一戦だったのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
香川真司
ドルトムント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ