“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

秋田、岩政の系譜は昌子源にアリ!
鹿島がG大阪に完封勝利の舞台裏。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2016/02/29 12:20

秋田、岩政の系譜は昌子源にアリ!鹿島がG大阪に完封勝利の舞台裏。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

鹿島同期の柴崎、梅鉢、土居らと同じ'92年生まれ。この日対戦したG大阪の宇佐美も同年生まれ。

日本の不動のCBになる期待。

 筆者は、彼が近い将来に日本の不動のCBになるだろうと期待を抱いている。フィジカルが強く、空中戦やキックに強烈さがあり、これほど熱い気持ちを持ちかつクレバーに戦える存在はそういない。

 米子北時代に初めて彼を見たときから、その可能性を感じていた。CBにコンバートされたばかりで、荒削りな選手だったが、身体能力の高さはもちろん、CBとして成長しようとする姿勢が強烈だった。会話をすると、自分の考えをきちんと言葉にでき、何より人の話をしっかりと聞いて吸収しようとする。彼のプレーと人間性はプロになってからもぶれることなく、まっすぐに一本の芯となって伸びている。

 その芯が、やがて日本を支える柱となる。秋田、岩政という偉大なる先輩が示した道をしっかりと踏みしめて歩く昌子は、決意の一年の始まりをこう締めた。

「鹿島はタイトルを獲らないといけないチーム。今年は獲らなきゃいけない年だと思っている。そのために自分は全力を尽くすし、その先に日本代表やW杯があると思っている」

関連記事

BACK 1 2 3
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
昌子源
宇佐美貴史
大森晃太郎
秋田豊
岩政大樹
米子北高校

Jリーグの前後の記事

ページトップ