沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

デビュー最短、最速でGIレコード勝ち。
モーニンはダート世代交代の旗手か。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2016/02/22 11:20

デビュー最短、最速でGIレコード勝ち。モーニンはダート世代交代の旗手か。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

これで7戦6勝。武蔵野Sで敗れたノンコノユメに雪辱を果たし、モーニンがダート最強馬に名乗りをあげた。

またもデムーロとルメールの1-2着。今週は……?

 私がプレビューで本命にした牝馬のホワイトフーガは10着に沈んだ。騎乗した大野拓弥はサバサバした口調で、「極端に速い時計になってしまった。それでも、距離は合っているし、折り合いもついていました」と話した。ほかにも「速い時計が合わなかった」とコメントしていた騎手は何人かいたが、ホワイトフーガの場合、この距離と流れでは脚が溜まらなかった、という印象だった。綺麗に折り合って進むより、掛かり加減でゆっくり行きながら力を溜め、爆発させてこそよさの出るタイプなのだろう。

 騎手に視点を移すと、昨年のチャンピオンズカップにつづき、今回もデムーロとルメールの1-2着だった。

「器用で、なんでもできる。乗りやすいし、かしこい。すごくいい馬」とパートナーを讃えたデムーロにとって、これでJRA・GIは15勝目。前週の京都記念(サトノクラウン)、前日の京都牝馬ステークス(クイーンズリング)につづく重賞勝ちだった。今週の中山記念では、ここが復帰戦となる昨年の二冠馬ドゥラメンテに騎乗する。3週連続の「デムーロ祭り」となるのだろうか。

 中山記念にはイスラボニータ、ロゴタイプといったGI馬のほか、昨年の三冠で2、4、2着だったリアルスティールも出てくる。

 また、来週にはJRAとしては16年ぶり7人目の女性ジョッキーとなる藤田菜七子がデビューを予定しているなど、競馬場がより賑やかになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ミルコ・デムーロ
クリストフ・ルメール
モーニン

競馬の前後の記事

ページトップ